AMPの利点と対応HTMLの作り方

AMPの利点と対応HTMLの作り方

【SEO】AMP対応は必須となるか?GoogleがAMP対応を促すメッセージの配信とモバイル検索結果に専用枠を導入予定

サイトのAMP対応状況を確認しよう。Google「AMPテスト」ツール

モバイルウェブが爆速に! GoogleがAMP (Accelerated Mobile Pages) を立ち上げ
Googleは、Accelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)という、モバイル端末でのウェブページの表示を高速化するためのプロジェクトを公開しました。
略して、AMP(アンプ)と呼びます。

AMPで策定された仕様に従ってモバイルサイトを構成すると、モバイル検索結果からリンク先ページがまさに“一瞬”で表示されます。
レスポンシブウェブデザインでもAMPに対応できます。
RWDとAMPは排他的ではないし依存関係もありません。

AMP対応について勘違いしていたので対応することにした

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは?今から導入するための基礎知識と手順書マニュアル

AMP対応すれば「モバイルファーストインデックス」対応済み?/Google回答

AMPって導入すべき?表示速度は4倍でも、今AMPを導入しない理由

AMPとは~対応HTMLを作ってみてわかったこと~

いよいよ導入されるAMP(Accelerated Mobile Pages)の基礎知識から対応方法まで!まとめ

AMP編!WEBデザイナーが覚えて損無しのHTML コーディング!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>